美容室の海外風おしゃれ内装デザイン5選を徹底紹介!~西海岸風デザインなど~

お客さんが美容室を選ぶ決め手の80%は「内装デザイン」です。

え?髪の毛ほとんど関係ないじゃんって思うかもしれませんが、実際に美容室へ行くまで、美容師の技術や接客態度は写真だけでは分からないですよね。

そのため、多くのお客さんはホームページの内装写真を見て美容室を決めるんです。

この美容室なら今流行りの髪型にしてくれそう、おしゃれな髪型にしてくれそうとお客さんに思ってもらえるような内装デザインにする必要があります。

下記のような悩みを持っている人はぜひ最後まで記事を読んでください。

  • 美容室の内装をおしゃれにしたい
  • 美容室の内装をおしゃれにするにはどうすればいいの?
  • 美容室の内装のおしゃれの基準って何?

この記事を読めば、内装がおしゃれな美容室を作るためのポイントが分かりますよ。

そもそも美容室のおしゃれな内装デザインとは?5つの内装ポイントを紹介

そもそも美容室のおしゃれな内装デザインの基準って何だろう?という疑問を解決する5つのポイントを紹介します。

【ポイント】

  1. コンセプトが明確である
  2. 統一感がある
  3. 近隣の美容室と差別化できている
  4. 清潔感がある
  5. 時代にあっている

上記の5つがおしゃれな内装デザインにするために重要なポイントです。

コンセプトが明確

美容室のデザインを考える上でまずはコンセプトを明確にしましょう。

美容室に通うターゲットの客層や客質にあったコンセプトにすると集客が見込めます。

例えば、子供向けのデザインにした場合、親子の集客はできますが、大人1人では入りづらい雰囲気のお店になるため、独り身の人たちの集客は見込みにくくなります。

自分の美容室をどういった人に提供したいのかが重要になってくるため、自分の趣味嗜好だけで美容室をデザインするのはおすすめしません。

コンセプトを大事にすることがおしゃれな内装への第一歩です。

統一感がある

おしゃなデザインに仕上げるためには統一感も大事です。

内装デザインは全体のバランスを含めてデザインするため、一部でも雰囲気が違うと全体のデザインに統一感が欠けてコンセプトが何かも伝わりにくくなります。

例えば、青と白の爽やかで落ち着いた雰囲気のデザインに赤を入れると一気に統一感がなくなりますよね。
赤を入れたことによって青と白の統一感が失われてコンセプトがよくわからなくなってしまうんです。

そのため、内装をデザインする上で、統一感が必要となります。
統一感を出すためには、色彩バランスやトーンバランスを意識したデザインを心がけましょう。

使う色は3色までとよく言われているのは、統一感を損なわないためだったんですね。

近隣の美容室と差別化できている

たくさんある美容室の中から、自分の店舗に通ってもらうためには近隣の美容室との差別化が重要です。

特徴のない美容室だとここに行こう!という決め手になり兼ねます。

例えば、自分の家の近くに2つ美容室があったとき何を決め手に美容室を決めますか?
スタッフの対応や技術は一度体験してみないと分からないですが、美容室の雰囲気は外から見ても分かります。

そのため、他の美容室にはない魅力あるデザインにすることで新規のお客さんを取り込めますよ。

個性を出しすぎるのも入りづらいお店になってしまうため、親しみやすさを残しながら他の美容室にはないおしゃれなデザインにするといいですよ。

清潔感がある

美容室の内装をおしゃれにするためには清潔感があることが必須です。

清潔感がないお店は入口の段階でお客さんが入るのをためらってしまいます。

もし自分がレストランに行こうと探しているときにレストランの窓が汚れで曇っている暗い雰囲気のお店に入りたいと思いますか?
お店へ入りづらい雰囲気がしてやめようと思うことが多いですよね。

清潔感をアピールするには物を少なくすることと明るさが大切です。
物が多いと散らかっているように見えたり、時間が経つと埃が溜まり清掃が行き届かないことが多く清潔感がないように見えます。

また、店内を明るく保つことで清潔感があり、爽やかな印象を与えられるので、万人受けする美容室にすることができます。

美容室の内装をデザインする段階で、明るい印象のカラーを選ぶことで清潔感をアピールできますよ。

また、美容室は切った髪の毛や染料など汚れやすい場所でもあるので、掃除のしやすい床にすることで長年使い続けられる美容室にすることができます。

時代にあっている

美容室の内装をおしゃれにするには時代にあったデザインにすることが大切です。

時代にあったデザインとは移り変わりの激しいものなのでなかなか難しいポイントですが、時代遅れのデザインにするとおしゃれさに欠け、お客さんも魅力を感じません。
そのためにも、美容室の内装をデザインするにあたってブームに乗っかったデザインは避けた方がいいでしょう。

例えば、iPhoneケースも派手なデザインが流行っていた時期もありますが、最近では以前よりもシンプルなデザインが多いです。
流行りのデザインにするとそのデザインが流行っている時期しか集客が見込めません。

流行りが変わるごとに内装のデザインを変えるのはお金も時間もかかるので、いつの時代になっても古くささを感じないデザインを取り入れることをおすすめします。

今回のテーマでもある
・海外風デザインやシーサイド風デザイ、
・自然を取り入れたナチュラル系デザイン
・リゾート風のデザイン
は時代を問わず流行りにも左右されないデザインです。

また、現代ではSNSが普及しているのでつい写真に撮りたくなるような内装にするとSNSの口コミからも宣伝されていきより集客を見込めますよ。

おしゃれな海外風内装デザインの美容室5選!

この投稿をInstagramで見る

株式会社effort(@effort_reform)がシェアした投稿

今回は上記のおしゃれポイント5つをふまえた上でアメリカ西海岸風のデザインの美容室を5つ紹介します。

アメリカ西海岸風デザインとは、アメリカ西海岸の自然をイメージしたデザインで、年間を通して雨がほとんど降らない西海岸らしい「太陽の日差し」と「海辺のリラックスした雰囲気」を演出したデザインです。

アメリカ西海岸風のデザインを5つのおしゃれポイントに合わせて考えると下記の通りとなります。

コンセプト アメリカ西海岸
統一感 木を基調としたシンプルなデザイン
差別化 アメリカ西海岸らしい爽やかな雰囲気
清潔感 木を基調とした中に少しの色味を取り入れることで全体的に明るく清潔感がある
時代の流れ 海外の雰囲気は移ろいゆくものではないので流行りに左右されない

おしゃれなデザインにしたいけどどんなデザインにしたらいいか分からないと困っている人におすすめのデザインですね。

ウッド調の西海岸風内装デザイン NaTur(ナチュア)北千住

引用:hotpepper beauty

1つめは北千住にあるNaTur(ナチュア)さんの事例です。

白に近い木材を使用することで全体的に明るく清潔感のある美容室になっています。

アメリカ西海岸の海辺を彷彿とさせる落ち着いた雰囲気がありますよね。

鏡の縁を青くしたり、ワンポイントとしておしゃれなイスを用意することで清潔感が保たれながら、近隣の美容室との差別化ができています。

さりげないおしゃれで若い人から主婦世代でも通いやすい美容室になっていますね。

アメリカ西海岸リゾート系内装デザイン hair resort Balboa Island(ヘアリゾートバルボアアイランド)

引用:hotpepper beauty

2つめは池袋にあるhair resort Balboa Island(ヘアリゾートバルボアアイランド)さんの事例です。

ナチュアとは違い、アメリカ西海岸の太陽の日差しを感じられるような自然身溢れる暖かな雰囲気のある美容室です。

全体的に色が統一されており、ところどころにある観葉植物と写真によってシンプルになりすぎず、まるでカフェのような親しみやすさが出ています。

観葉植物や写真があることで優しい雰囲気のある美容室になっていますよね。

また、小さな電気が細かくついているため全体を明るく照らしています。

海外のカフェ風内装デザイン asleep(アスリープ)高田馬場店

引用:hotpepper beauty

3つめはasleep(アスリープ)高田馬場店の事例です。

木目の色の違いやライト、天井の青い色によって派手すぎないおしゃれな雰囲気を醸し出しています。

まるでアメリカ西海岸の海の真ん前にあるカフェのようなシンプルかつおしゃれな美容室です。

クッションにカラーを取り入れていますが、木や天井の青よりも暗いトーンの色合いにすることで個性を主張しすぎず、全体に統一感が生まれます。

セットイス部分のライトを多くすることで人が座っていても暗く感じないような配慮がされていますね。

人数が多いと影ってくる可能性もありますが、このライトの量なら人が多くても明るく清潔感のある印象を与えられます。

シンプルな海外風内装デザイン Agu hair beacon(アグ ヘアー ビーコン) 長野東和田店

引用:hotpepper beauty

4つめはAgu hair beacon 長野東和田店さんの事例です。

アメリカ西海岸のゆったりとした雰囲気をイメージして作られた美容室です。

白を基調としながら薄めのブルーを取り入れることでシンプルになりすぎず適度なおしゃれ感を醸し出しています。

お店の看板が個性を主張しすぎないことで全体的にバランスの保たれた美容室となっていますね。

白以外のカラーはすべて明るさが抑えられているので色が多くても統一感を感じられます。

ブラウンベースの海外風内装デザイン AUBE HAIR kanon(オーブ ヘアー カノン)横浜2号店

引用:hotpepper beauty

5つめに紹介するのはAUBE HAIR kanon(オーブヘアーカノン)横浜2号店です。

茶色をベースとした色合いにオレンジの優しいライトが組み合わさることでアメリカ西海岸の日差しを感じられるような落ち着いた雰囲気の美容室ですね。

同じ系統の色をベースにし、色のトーンを変えることによって統一感を出しながらおしゃれさをアピールできます。

木目や壁の石によってシンプルの中にも自然を感じられるようなリラックスできる空間に仕上がっています。

最後に:おしゃれな美容室の内装デザインは「内装デザイン会社」が決め手

実際に美容室の内装をおしゃれにするには、内装デザイン会社が重要です。

しかし、どの内装デザイン会社がいいのか、できるだけ経費を抑えた上で条件にあったデザインをしてくれる内装デザイン会社はどこなのか、個人で探して相見積もりをするのは手間もかかりますし、とても難易度が高いです。

美容室内装業者ナビでは、LINE@でご相談を受けておりますので、まずはお試しでお気軽にご相談ください。

↑タップ!平均3日以内の即対応!
touroku

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする